年明けから忙しい日々を過ごしていましたが、
ようやく落ち着き、机の中を整理していた時のことです。

今から約20年前、
私が前職の会社で管理職をしていた頃に壁に貼りだしていた「営業の心得26ヶ条」を書いた紙が出てきました。

「打っても響かない人はダメ」
「存在感がない人はダメ」
「行動力がない人はダメ」
「上司に聞かれてばかりで自分から提案しない人はダメ」
「鳴かず飛ばずはいらない」etc、

仕事に対する取り組み方をまとめたものです。

約50人の部下を引っ張っていた当時の若さと勢いが一つ一つの文字に表れていました。
また、同じく大切にしていたのが、「お得意様ではなく、ファンを作る」という考え方です。

質が異なるのに他に安い商品が出てくれば移ってしまう可能性があるのがお得意様。

反対に、ファンは常に共感してくれていて、簡単には離れないという考えです。独立してからもそれらの信念を貫き、全社員一丸となって取り組んできた結果、有難いことにたくさんのファンに支えられ、今日に至ります。

家族葬ホールの看板がしばらく出ていなかったら心配してくれる人、
他社のチラシをまとめて私に持ってきてくれる人、
「もしもの時は私から愛ちゃんに繋ぐから」と言ってパイプ役をしてくれる人、
「コラム見てるで」と声をかけてくださる地域の方々etc。
これからも皆さんに必要とされる会社でありたいと思います。

ありがとうございます。